過払い金の請求の流れ

過払い金返還請求の流れ

過払い金返還請求手続きの流れは、いたってシンプルです。まず最初に貸金業者に対して取引履歴の開示請求を行います。この取引履歴があれば、契約書や借入明細が手元に無くても、返還請求の手続きを行うことが可能です。
取引履歴を取り寄せることが出来れば、それを基に金利の引き直し計算を行います。金利の引き直し計算とは、実際に負担していた金利を本来負担すべき金利に直して、利息額を導き出すことです。そしてこれまで支払った利息額と引き直し計算によって算出した利息額の差額が、過払い金となります。
過払い金額が判明すれば、貸金業者に対して過払い金の返還請求を行います。請求は電話でも郵送でも構いませんが、出来れば郵送で請求書を送ることが望ましいです。

業者との交渉には弁護士のサポートが必要

貸金業者に対して、過払い金の請求書を送付したとしても、すんなりと支払ってくれる貸金業者はまず存在しません。ですので、そこから先は貸金業者との交渉が必要となります。過払い金の請求書を送付するまでは個人で行うことも比較的容易ですが、返還金額などの交渉となると、専門知識を持たない個人の場合でしたら、難易度が高くなってしまいます。その為、出来るだけ弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが必要です。
弁護士などに依頼した場合は、過払い金満額の8割程度を取り戻すことが可能です。もし満額取り戻したい場合は、訴訟を提起する必要があります。
交渉の結果、過払い金の返還に対して双方合意できれば、合意書を取り交わします。その後、貸金業者から過払い金が返還されます。