弁護士への報酬の相場

弁護士報酬には幾つか種類があります!

過払い金における弁護士への報酬・支払いに関しては着手金・成功報酬・過払い金報酬の3つあります。
着手金は過払い金請求を貸金業者に行う案件を引き受けた時点で支払う手数料になります。現在は過払い金請求業務の取り合いが弁護士事務所間で激化しているので、着手金が無料の弁護士事務所が多くなっています。無料でなければ1件に付き概ね2~3万円が相場になります。注意点では相談した時点では着手金はかからず案件を引き受けた時点で発生します。案件を引き受けてから過払い金の計算・貸し金業者への請求が行われますが、相談の時点で簡単な過払い金の計算を無料で行ってくれる弁護士事務所もあります。着手金は請求が成功しても失敗しても必要になります。

成功報酬と過払い金報酬の違いとは?

成功報酬は過払い金請求が成功した場合の報酬で貸し金業者1件当たり2~3万円になり、固定した金額になります。中には設定していない弁護士事務所もありますが、解決報酬金や完済口座事務手数料などとも呼ばれる場合もあります。
過払い金報酬は固定の成功報酬とは違い、固定ではなく歩合制で支払う報酬で返還された過払い金の10~20%を支払うケースが多いですが、和解ではなく訴訟(裁判)になった場合は5%上乗せされて割合が25%になります。弁護士会(日弁連)の統一基準で、上限として20%(裁判では25%)で定めています。上限が設けられているおかげで初心者や知識がなくても弁護士にかかる費用を想定出来ますので、一度相談してみてはどうでしょうか?